読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気まぐれな毎日を楽しく豊かにする備忘録

最近、物忘れがひどくなってきた初老が、出来事や知識を忘れないように記録に残す備忘録。

格安SIMのBiglobe Simに乗り換えるか否か・・・。

いわゆるキャリア携帯の料金、今は大体8000円から9000円の枠内で支払いが続いている。もちろん端末代も加算されており、月々割も適用されてこの料金だ。

いわゆる通信費が月1万円というのは、低所得者の私にとっては非常に厳しいものがある。通話をすることはほとんどなく、データ通信(約3GB/月)で利用する程度。

最近は、格安SIMと言われているMVMOも様々でどれを候補に入れたらいいのかわからないそれも現状だ。価格.COMの評価もどこまであてにいしていいのかわからないことも多い。

格安SIMの評価良しあしを決めるのは、やはり速度であると思う。通話品質は、キャリア回線を使用しているので横並びであろう。その速度を評価に用いられるのは主にSpeedTestなどの指標結果のようだ。しかし、格安SIMの中には、SpeedTestを用いるときだけ帯域を開放し、一般的なブラウジングや動画閲覧の時には帯域制限をかけるという業者が横行しているようだ。大手格安SIM会社もそうみたいだ。

こうなるともうわからんとなるのが本心。そこで独断で選んだのが、BIGLOBE SIM。老舗プロバイダーのBIGLOBEが運営する格安SIMで、docomo回線を使用していて、カバー率と品質は間違いないと思うし、お昼頃の画

像ダウンロードでも1Mbpsと比較的高速という点が魅力で選定してみた。

現在ほど格安SIMが一般的になる前から、BIGLOBE LTE・3Gという名前でサービス提供していたようで、OCNモバイルONEやIIJmioのように古くから実績あるサービスです。最近は頻繁にネットワーク帯域を増強しているので、通信速度・品質も上々で評判も良い。

BIGLOBEの光などのサービスを利用していれば、200円が安くなるサービスもある。まぁ、私には関係がないが・・・。しかし、それ以外に、追加料金無しで、マクドナルドやスターバックス、空港や駅などの公共交通機関で使えるWi-Fiスポットを利用できます。これは大きいところだ。他の格安SIM会社でもあるかもしれないが、数は少ない。また、専用アプリで自動切り替えしてくれるので、通信量の節約にもなる。

f:id:sakura-japan:20160804204948p:plain

これは本当にありがたい。

他にも電話を多くかける人の負担を軽減するため、通話料が安くなるBIGLOBEでんわというものもある。これは、通常20円/30秒のところ、半額の10円/30 秒になるようだ。楽天でんわと同じく、IP電話ではなく、電話番号は変更されないし、通常の電話網を使った通話なので、品質も上々いい。通話パック60という付加プランを利用すれば、音声通話SIMの月額料金に650円追加するだけで、BIGLOBEでんわでの1,200円分(国内通話最大60分分)が利用できる。

代表的な、通信量6GBのライトSプランで、音声通話機能を付けて2,150円。さらに通話パック60の650円を追加して2,800円で60分の通話と6GBの通信ができます。現在の大手3キャリアの料金と比べて、圧倒的に安い・・・。

乗り換えるべき方針は決まった。あとは、いつ乗り換えるかだけだ・・・。