読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気まぐれな毎日を楽しく豊かにする備忘録

最近、物忘れがひどくなってきた初老が、出来事や知識を忘れないように記録に残す備忘録。

空港入国エリアにも免税店

これはありがたい!

国土交通省は27日、2017年度税制改正要望で、国際空港の入国エリアへ免税店を設置できるようにする制度の創設を求める方針を打ち出すようです。

これで成田や羽田、関空とかに到着したときも免税金額で、たばこやブランド品が帰るのはありがたいですね。ハワイとかでわざわざブランド品を買わなくてもいいかも。

そもそもなんでこうなったかって言うと、海外から戻ってきた日本人や、外国人旅行者の買い物の取り込みが狙いみたいで、7月に民営化された仙台空港や、関西空港の運営会社の要望を踏まえたみたいです。今は免税品の販売は、国際空港の出国エリアと機内だけしかできないので、入国エリアに免税店を設置すると、国内で消費する物を海外から戻った人だけが免税で安く買えるのは不公平という考え方があり、これまで許容してこなかった。でも、国際線の航空運賃は1980年代ごろから下落が始まり、特に最近は格安航空会社(LCC)の参入により海外旅行がさらに手軽になっていて、国交省 は、海外旅行は一般化しつつあり、入国エリアに免税店を設置しても不公平感はないと判断。むしろ、海外旅行者に国内空港でさらに消費してもらうメリットが 大きいと結論付けたようです。